たまけん 〜我ら!旅と“まち”の研究会〜
トップ | 
聞かせて!あなたの声を
創ろう、新しいニッポンの魅力
こんにちは、ゲストさん!

アンケートの回答やモニターへの応募、メルマガの受け取りなどには会員登録が必要です!

新規会員登録(無料)
2012/03/19
水玉はじき隊
日本三大美肌の湯を巡る弾丸ツアー
島根県奥出雲町
協力:奥出雲町
NAMIHEI
日本三大美肌の湯を巡るという特別ミッションを遂行するために召集(募集)されたチーム。その名も「水玉はじき隊。」。前回の嬉野温泉に続き、その美肌の湯のひとつ、島根県奥出雲町にある斐乃上(ひのがみ)温泉を今回は訪ねます。
「水玉はじき隊。」の三大美肌の湯を巡る弾丸ツアーの第2回、是非お楽しみください。
NAMIHEI
NAMIHEI 佐賀県嬉野温泉から高速道路、新幹線、さらに高速道路と移動することほぼ半日。現地で小森さん(左)を迎えてくれたのは、埼玉県から奥出雲町へ移り住んだという岡田さん(右)。ふたりの水玉はじき隊。の小さな旅が始まります。
まずは、斐乃上温泉へ。
(民宿「たなべ」)
NAMIHEI 前日の嬉野温泉とは、趣が全く違うのも、この三大美肌の湯の特長のひとつ。斐乃上温泉は、中国山地の山あいにひっそりとある温泉。宿もわずかに2軒。その一つ、民宿「たなべ」を訪ねた二人。暖かいもてなしに心も和みます。
NAMIHEI スサノオノミコトが天高原から降臨されたとされる出雲神話の山、船通山のふもとに湧き出る奥出雲の秘湯。ねっとりとした温泉は薬湯としても知られています。
美肌の温泉プール?
NAMIHEI 民宿「たなべ」の駐車場のすぐ下に何とも珍しい公園があります。二人が手を入れているいるのは、なんと、ほんのりと温かい温泉プールです。大きな足湯をイメージすればいいかも知れません。シーズンには相当の賑わいだとか。勿論、無料というのもうれしい限りです。
出雲横田駅は、出会いの予感。
NAMIHEI 次に案内されたのは、JRの出雲横田駅です。開業した1934年から続く木造駅舎は、出雲大社などで用いられている大社造の神殿を模しています。
駅の東南には、稲田神社があります。このあたりで神話の稲田姫が生まれたと伝えられています。
NAMIHEI 稲田姫とは、古事記では櫛名田比売(くしなだひめ)、日本書紀では奇稲田姫(くしいなだひめ)と表記されている神話の女神。農業、特に稲作を司る女神であり、縁結び、衣食住守護の神としても祀られています。八岐大蛇(やまたのおろち)の退治神話では、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が稲田姫に一目惚れし、稲田姫を妻として貰い受けることを条件に、八岐大蛇を退治したといわれます。
奥出雲おろち号で、風と神話を堪能。
NAMIHEI 木次線の木次駅 - 備後落合駅間を2 両編成のトロッコ列車が運行中。青と白の色に塗られた車体に星を 散りばめたデザインになっています。風を感じながら山あいを走りながら、神話の世界に思いをはせていきます。
鉄道ファンならずとも、一度はゆっくり、こんな列車で旅をしてみたいもの。
NAMIHEI
奥出雲は、日本刀の故郷
<たたらと刀剣館>
「たたら製鉄」操業の地・奥出雲町。この施設は、日本で唯一、奥出雲の地で操業を続ける「日刀保たたら」で生産される和鋼「玉鋼」を用いて造られる「日本美術刀剣」について展示解説を行う施設。定期的に日本刀鍛錬実演を公開しています。
まさに神話の時代から続く、日本の文化がしっかりと伝承されているんですね。
施設入口のオブジェは、ヤマタノオロチがモチーフ。
肌も美しく、命も長く。
出雲坂根駅構内にある、延命水。古老の伝えによれば、昔、狐や狸が多く、しかも寿命100年をこえたと思われる古狸が好み飲用したことから、里人も長寿の霊水と称して飲用をはじめ、そのうち延命の水と名付けられたといわれます。
NAMIHEI
仰天!奥出雲おろちループ
NAMIHEI 総区間長2,360mの二重ループ橋。二重ループ区間は、7つの橋で構成されている「奥出雲ループ橋」。橋の途中にいくつかの秘密もあったり、奥出雲町必見のスポットです。道の駅も併設されており、圧巻の景観を楽しめます。 NAMIHEI
しっとりと過ごすなら、絲原記念館
NAMIHEI 白壁土蔵づくりの趣のある記念館には、松江藩鉄師絲原家が歴史に渡って伝承してきた美術工芸品やたたら製鉄資料などが展示されています。
また隣接する絲原家の居宅は、建坪約350坪、部屋数40室を誇る大邸宅です。かつてこの地で栄えた鉄師の住時の姿がしのばれます。
NAMIHEI
ということで、駆け足で案内してもらった斐乃上温泉。美肌の湯の魅力もあることながら、その神話の世界にすっかり取り込まれていきそうです。町中のどこへ行っても、出雲大社につながるような「縁結び」の話が聞かれます。
美肌になって、運までも味方につけて、斐乃上温泉の旅を終えた水玉メンバー小森さん。この2泊3日の弾丸ツアーを終えて、ファンデーションのトーンが1ランク変わったと、その美肌効果を喜びながら、故郷の栃木県への帰路につきました。

最終回の次回は、栃木県喜連川温泉を、編集部の独自取材でご紹介しましょう。お楽しみに!
主な問合せ先はこちら
奥出雲町観光協会  http://www.okuizumogokochi.jp/
斐乃上温泉民宿「たなべ」
島根県仁多郡奥出雲町竹崎船通山登山口  TEL0854-52-0930
ページトップへ